千原眼科医院の資料請求方法

千原眼科医院の資料請求方法
HOME >> 千原眼科医院の資料請求方法

千原眼科医院の資料請求方法

京都府宇治市の千原眼科医院への資料請求はこのページから行えます。もちろん無料です。

資料請求後、説明会を行い適応検査そしてレーシック手術本番という運びになりますが、検査時間や枠に限りがありますので、お早めに請求されることをおすすめします。

資料請求の方法

では資料請求の方法を順次ご説明します。次のとおり行えば簡単ですので真似てみてください。

  1. 申込みボタンをクリック ⇒申込み
  2. 基本情報を入力(現在の近視矯正方法・氏名・住所等)
  3. 「千原眼科医院」をチェック ※他の医院の資料請求も可能
  4. 資料請求完了

千原眼科医院のほか、神奈川クリニック眼科 ・ 品川近視クリニック ・ 錦糸眼科 ・ 銀座眼科 ・マリーシアガーデンクリニックへも一括で資料請求が可能ですので、ご希望であれば一緒にお求めください。

資料請求にあたっての注意点

資料請求は無料ですし、安心して資料を請求ください。
千原眼科医院のほか、関西、京都にあるレーシック医院を教えてほしいというご要望がありましたら、管理人の私までご連絡いただければと思います。

レーシック手術の体験談

視力0.07から1.2まで回復した27歳男性の体験談「しぶしぶ続けたコンタクトレンズの生活」

私はコンタクトレンズを着用していました。当初は医者のすすめもありハードコンタクトをしていたのですが、特有の違和感や痛みに耐えられず、すぐにソフトコンタクトに変更。それ以来10年余り着用をしていました。

当初は裸眼が取り戻せた感覚で快適に生活を送っていたのですが、3年近く経過したころには、常に目は充血し、まぶたは腫れぼったくなるといったことは当たり前。特に乾燥した日や雨の日などは目も開けられないほど痛みを感じることもあったぐらい目への負担が大きくなっていました。

コンタクトは自分の体質には合わないことはある程度理解しながらも、メガネをかけることには躊躇があったため、多少の不安はありながらも仕方無しに着用を続けていました。

手術の感想は「やってよかった」この一言に尽きます。なんでもっと早く知らなかったのかなど、腹立たしさも感じてしまうぐらいの感動です。決して大げさではありません。

⇒続きはこちら

視力0.01から1.0まで回復した31歳男性の体験談「疲労が増すばかりの毎日から手術の決意まで」

IT関係の仕事をしているため、朝から夜までずーっとパソコンに向かう事が多くなり、長時間コンタクト着けていると目の疲れはもちろん、偏頭痛や肩のこりが激しくなるばかり。そして追い討ちをかけるように1年で視力が0.05から0.01に下がっている事実を知ったとき、すぐにレーシックの手術を決意したんです。

レーシック手術の最中は軽く圧迫感は感じましたが、点眼麻酔が効いているため全くといっていいほど痛みを感じることはありません。それに看護婦さんが常に勇気づけてくれていたためほとんど(?)不安はなく手術を受けることができました。

そして、手術時間も数10分に加えリラクゼーションルームで休んだら(賞味2時間程度)目の前に広がる世界が全く異なっていました。たった2時間でですよ!

⇒続きはこちら

※これら体験談は、レーシック体験談ページから一部引用させていただきました。

個人情報の取扱い運営者情報業務内容・免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) レーシック手術!おすすめの有名病院(眼科) All Rights Reserved.