レーシックの安全性

レーシックの安全性
HOME >> レーシックの安全性

レーシックの安全性

レーシックは本当に安全?

レーシックが安全な手術か、危険な手術かと問われれば、「危険な手術」であると言わざるを得ません。なぜなら目にメスを入れて視力の回復をはかる事はまぎれもない事実ですし、失明の可能性も全くのゼロとは言い切れないからです。

レーシックの歴史もまだ17年(1993年〜 )です。30年から50年という長期視点にたっても安全と言い切れるかどうかは、実は誰も分からないことなんです。

では「レーシックは受けないほうがいいの?」思われるかもしれませんが、それは時と場合、人によります。

 ○ 仕事でメガネやコンタクトの使用ができない人
 ○ スポーツ選手やプロサーファーなど
 ○ コンタクトレンズよる目の充血・炎症のある人

このように、仕事や目の異常によってメガネやコンタクトレンズによる視力矯正が不可能な方にとっては、レーシックはまさに神さまからの贈り物と言えるでしょう。

レーシックという技術がなかったら失業してしまうわけですから。

ここではっきりお伝えしたいことは、「安易にレーシックを受けないでほしい」ということです。メガネがかっこ悪いとか、コンタクトレンズの手入れがめんどくさいとか、いろんな理由をつけてファッション感覚で受ける方が多いようですが、とても危険な考え方だと思います。

一方、「仕事でどうしても必要なんだ」、「コンタクトレンズとの相性が最悪なんだ」という方は、レーシックを受けてみる価値はかなりあるのではないでしょうか。

なんだかんだ言っても、レーシック17年の歴史の中で、失明した症例はゼロ。感染症については、眼科の衛生管理の問題であって、レーシックの危険性とは直接は関係ありません。また、手術の後遺症とされるドライアイの確率も4%程度(手術直後)であり、ハロ・グレアなどと同様に、時間の経過とともに改善されるので、それほど心配する必要はないようです。

仕事などで必要なのにもかかわらず、レーシックを必要以上に恐れることは、実は人生における多大な損失になるのかもしれないです。

もし、どの眼科に行けば良いかわからないというのでしたら、業界最大手の品川近視クリニックをまずおすすめします。

品川近視クリニックは、価格、技術、経験どれをとっても業界ナンバーワーンですので、今かなりの人気です。全国規模での経営なので、他の地域に引越しすることになってもアフターフォローの面で安心ですし、そのアフターフォローの期間が他の眼科に比べてダントツに長いのが人気の理由です。

もちろんレーシックを受けられる眼科は他にもありますが、まずは品川近視クリニックで目の検査(無料)を受けてみて、担当医師の話を聞いてみてから、品川近視クリニックと相性が合うかどうかを見極めれば良いと思います。

実際に品川近視クリニックで手術を受けた方がどんな感想を持っているのか聞きたい場合は公式ページに掲載されているので、参考にしてみると良いでしょう。


品川近視クリニック 東京院

 ○ 手術を受けた方の体験談へ
 ○ 資料を請求してみる
 ○ 目の検査を受けてみる(無料)

品川近視クリニック 大阪・名古屋・福岡院

 ○ 手術を受けた方の体験談へ
 ○ 資料を請求してみる
 ○ 目の検査を受けてみる(無料)


個人情報の取扱い運営者情報業務内容・免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) レーシック手術!おすすめの有名病院(眼科) All Rights Reserved.