レーシックの成功率

レーシックの成功率
HOME >> レーシックの成功率

レーシックの成功率

レーシックの成功率

レーシックの成功率は実に99.5%
※品川近視クリニックの発表数値:99.5%、神奈川クリニック眼科の発表数値:99.6%

この99.5%という数字は、品川近視クリニックと神奈川クリニック眼科の膨大な実症例に基づく経験値から導き出されたものであるため、かなり信憑性は高いと言えます。

何をもって成功とするかは、各人により違いますが、品川近視クリニックや神奈川クリニック眼科では、中等度近視の方が視力1.0以上回復したケースを「成功」とみなしているようです。

気になる残り0.5%ですが、当然、1.0に満たない視力しか手に入れられなかったケースになります。非常に残念な話ですが、やはりどうしても、もともと角膜厚が薄い方や検査日と手術当日の体調があまりにも違いすぎる方などは、目の形などに大きな違いが生じるため期待どおりにいかないケースもあります。ですから、このような事を回避するためにも、各眼科ではより制度の高い機器を導入しようと努力していますし、手術前の検査や事前カウンセリングの精度を上げるよう注意しているのです。

そのためレーシックでは、手術で使用される機器ばかりに目が行きがちですが、事前検査(適応検査)で使用する機器の精度にも注目し、手術する自分の体調を管理するということも重要となってきます。

ちなみに失明した事例はありません。レーシックが始まり50年以上の歴史があり、術後10年以上経過した方も多数存在しますが、レーシックが原因で失明した事例はゼロです。今では機器の進歩、眼科医の経験値向上により失明はまずありえないと発表されているくらいですので安心してください。

また、成功率などレーシックで失敗しないためのヒントを知るためには、各院の資料を請求してみるのが最も良い方法です。各院の先生方の考え方や実際に使う機器類の詳しい説明が書かれています。疑問が少しでもある方は、ホームページから請求してみてください。

品川近視クリニックのホームページへ
神奈川クリニック眼科のホームページへ

個人情報の取扱い運営者情報業務内容・免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) レーシック手術!おすすめの有名病院(眼科) All Rights Reserved.